こんにちは!
ディズニー大好き関西人のkazuyaです♪

今回はディズニー★JCBカードを検討している方に向けて
ディズニー★JCBカードのメリット、デメリットを

お話ししていこうと思います。

実は私、、、

クレジットカードについてはマニアと
言われるほど詳しいんです。

申し込みと解約を重ね、現在は
厳選した6枚のカードを持っています。

なのでクレジットカードを作る時は、
かなり厳しく検討しています。

そんな私でもディズニー★JCBカードを
持ち続けています。

ということでクレジットカードマニアであり、
ディズニー★JCBカードを持ち続けている

私ならではの実体験をもとにした
「リアルな部分」をお伝えできれば
と思っています。

こんな方に向けた記事

・ディズニー★JCBカードを検討している方
・ディズニー好きで特別な特典を受けてみたい方

 

この記事を読むメリット

・ディズニー★JCBカードのメリットデメリットが分かる
・ディズニー★JCBカードを作るべきかが分かる

 

それではいきなりですが、
デメリットからお話しします。

ディズニー★JCBカードを作る3つのデメリット

デメリットは次の3つです。

・年会費がかかる
・ポイント還元率がふつう
・ポイントの使い道が限られている

 

これを見ただけで
「全然要らないカードじゃん!」て思いますよね(笑)

1つずつ解説します。

年会費がかかる

一番のデメリットです。

ディズニー★JCBカードには一般カードと
ゴールドカードがあり

それぞれ次の年会費がかかります。

・一般カードは2,200円 (税込)

・ゴールドカードは14,300円(税込)

 

年会費無料のカードが溢れている中、
年会費がかかるのはかなり痛いですよね!

この点は私もよく分かります。

ポイント還元率がふつう

ポイント還元率は次のようになっています。

・一般カードは0.5%
(税込200円 につき1ポイント)

・ゴールドカードは1%
(税込100円につき1ポイント)

 

ポイント還元率に関してはふつうです。
と言うか年会費がかかっている割には

低いと思います。
私の場合、年会費無料な上に

1.5%の高還元率カードを
持っているので余計にそう思うんです。

ポイントの使い道が限られている

ポイントの使い道は3つあります。

・パークで使う
(パーク内のお買い物や食事)
・ディズニーストアで使う
(全国のディズニーストア)
・ディズニーカードクラブで使う
(カード会員サイトの商品と交換)

 

簡単にいうと
「ディズニー関連以外では使えない」

てことです。

まあ、ディズニーに特化した
クレジットカードですから

当然といえば当然なんですが、
やはりポイントの使い道として

「普段の生活費に充てたい」
「マイルに変えて旅行に行きたい」

という方もいますし
実際、私もそう思います。

デメリットのまとめ

・年会費がかかる
・ポイント還元率がふつう
・ポイントの使い道が限られている

 

このようにデメリットを3つあげてきました。

しかし、
カードをかしこく利用することで

・ポイント還元率がふつう
・ポイントの使い道が限られている

 

この2つのデメリットは解消できます。

それは、、、

サブカードとして使うこと」です。
ポイントが貯まりにくい、使いにくいならば

カードの特典だけ使ってもいいんです!

普段のお買い物は年会費無料で
高還元のクレジットカードを使って

ディズニー★JCBカードは
特典だけ使いましょう ♪

このカード自体、還元率ではなく
特典の充実度で勝負しているので。

でもまだ、
「年会費がかかるデメリット」は

解消できていません。

このデメリットはそれ以上のメリットによって
十分解消できると思います。

ディズニー★JCBカードを作る3つのメリット

それではここからは
ディズニー★JCBカードのメリットです。

本領発揮といきましょうかぁ〜!

ディズニー関連の特典を受けられる

・カードデザインを変更できる

・キーチェーン型のQUIC PAYで優越感 ♪

 

1つずつ解説していきます 。

ディズニー関連の特典を受けられる

このカード最大のメリットです!

まず、ディズニー★JCBカードを
作るとカード会員限定のサイト(ディズニー・カードクラブ)を

利用することができます。
このサイトではメンバー限定のキャンペーンや

イベント情報が掲載されていて
カード会員になれば利用できます。

例えば、

・会員限定の貸切パーティー
・ディズニーホテルの割引キャンペーン
・キャラクターグリーティングの抽選
・ディズニーオンアイスの良席(10列目以内)保証チケット販売

 

などなど、他にも多くの種類のイベントが
あり、どれもディズニー好きにとっては

テンションが上がる特典ばかりです ♪

私の場合、去年は
ディズニ★JCBカード10周年記念として

カード保有者限定の
ディズニーシー貸切パーティーに行ってきました ♪

しかも「抽選かな」と思いきや
先着販売で枠が1万人だったので余裕で取れたし、

「1万人って多い??」と思いきや
結構ガラガラでアトラクションが

乗りたい放題でしたよ!

また、何かの区切りにこういった
会員限定イベントが行われると思います。

他にも年に一回でもカードで決済すると
これまた会員限定のThanks ギフトが届きます。

ギフト欲しいので私も年に1回は
決済してますね。

限定バッジなど毎年
変わったものが届きます。

※ゴールドカードの場合だと
さらに豪華になリます。

カードデザインを変更できる

ディズニー★JCBカードには色んな
キャラクターデザインのカードがあり、

新しいデザインが頻繁に増えます。
デザインにこだわりがあると

「やっぱり違うキャラのデザインにしたいなぁ」
「今度の新デザイン、すごくかわくていいなぁ」

ってこともあります。

そんなとき、
デザイン変更ができるんです。

会員サイトでデザイン変更を
申請すれば新しいカードを

自宅に届けてくれます。

しかも、
カード番号は変わリません!

電気代などの固定費を
ディズニー★JCBカードで

支払っていてもそのまま
何もしなくていいんですね。

さらに、ポイントも引き継がれる
ので面倒なことはありません。

デザインに飽きたら気軽に
変更できるしお気に入りの

デザインを追求し続けられるのも
このカードの良さだったりします。

(私もこの特典、めっちゃ気に入ってます!)

ここで1つ注意していただきたいのが
すぐにデザイン変更したい場合は

1,100円(税込)かかること。

しかし、
次のカード更新時に無料でデザインを

変更できるので次は何のデザインにしようか
考えながら待ちましょう。

キーチェーン型のQUIC PAYで優越感!

カード会員限定でミッキーの
形をしたキーチェーン型の

QUIC PAY(正式にはQUIC PAY for
ディズニー★JCBカード)に

申し込むことができます。

QUIC PAYとは

簡単にいうと
クレジットカードを財布から

出さずに決済できるサービス。

QUIC(素早い) PAY(支払い)なんですね。
QUIC PAYのマークがあるお店なら

全国どこでも決済することができます。

使い方は簡単!
お店の端末にかざすだけ。

あとは紐づいている
クレジットカードから使った金額が落ちます。

そして、その端末にかざすものが
ミッキーの形をしたキーチェーンなんです。

一見するとただのキーチェーンですが
かざすとお買い物できちゃう ♪

東京ディズニーリゾートでは
ワゴン販売からストアまで

QUIC PAYが使えます!

そこで買い物の際にキーチェーンを
かざすだけでスムーズに決済できるし、

周りの人から一目置かれます!
(少し自己満足ですが笑)

※キーチェーンの発行には
 770円(税込)かかります。

でも手数料は一回きりなので
私は発行しました ♪(優越感ほしい笑)

まとめ

ディズニー★JCBカードのデメリット

年会費がかかる
・ポイント還元率がふつう
・ポイントの使い道が限られている

 

ディズニー★JCBカードのメリット

ディズニー関連の特典を受けられる
・カードデザインを変更できる
・キーチェーン型のQUIC PAYで優越感!

 

「特典目的のサブカード」として作るなら
このカードのデメリットは

年会費がかかることだけです。

そのデメリットも一般カードであれば
年会費2,200円(税込)で

月々に計算するとたった180円ぐらいです。

このデメリットを上回るカード会員限定の
イベントやキャンペーンが

盛り盛りだくさんなのでディズニー好きであれば
是非、お勧めします!

それでも、、、

「やっぱり年会費払って
満足できなかったらいやだな」

というあなたには新規入会特典があります!

ディズニー★JCBカードには

・初年度は年会費無料
・2年目も実質無料
(入会ボーナス2,000ポイント)

 

といった入会特典があります。

つまり、気に入らなかったら2年で解約
すればいいだけなので全く損しません。

一度、作ってみてから価値を確かめてみれば
いいんじゃないかなって思います。

私自身、数々のクレジットカードを作っては
微妙だったら解約してきたので笑

あなたがディズニー仲間になってくれるのを
楽しみにしています ♪

kazu dee doo dah day!