ディズニーシーで疲れない方法【アトラクション3選】体力温存と回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ディズニー大好き関西人kazuyaです ♪

今回は東京ディズニーシーで疲れを回復させるアトラクションをご紹介していきたいと思います。

行ったことがある人は分かると思いますが、ディズニーシーって真ん中に海があるせいでかなり歩き疲れますよね。

その歩き疲れを回復させるアトラクションを3つご紹介します。

それではいきます!

ディズニーシーで疲れを回復させるアトラクション3選

ディズニーシーで疲れを回復させるアトラクションは次の3つです。

・トランジットスチーマーライン(体力温存)
・エレクトリックレールウェイ(体力温存)
・シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ(体力回復)

1つずつ解説します。

トランジットスチーマーライン(体力温存)

このアトラクションは移動手段として便利な船のアトラクションです。

アトラクションの場所はメディテレーニアンハーバー(パークの入り口に一番近いエリア)とロストリバーデルタ(インディジョーンズのアトラクションがあるエリア)にあり、この2つのエリアを船に乗って行き来してます。

ふつうに歩いて行こうとすると10分ぐらい歩かないと行けませんが、このアトラクションを利用することで船に乗り、風景を眺めながら目的地に到着です。

しかも、ナレーション付きでちょっとしたエリアの豆知識も知れて楽しいですよ。

「インディージョーンズのエリアに行きたいとき」
「逆にパークエントランス付近に戻りたいとき」

このアトラクションを使って体力を回復しましょう ♪

※海上ショーの時間の前は運航ルートが変わったりするので、どこに向かうのかキャストさんに確認しましょう。アトラクション入り口にもどこ行きのクルーズなのか書いていますよ。

エレクトリックレールウェイ(体力温存)

このアトラクションも移動手段として便利な列車のアトラクションです。

アトラクションの場所はアメリカンウォーターフロント(タワーオブテラーがあるエリア)とポートディスカバリー(ニモ&フレンズシーライダーがある場所)にあり、この2つのエリアを行き来してます。

これもふつうに歩くと10分くらい歩かないと行けませんが、このアトラクションに乗れば5分もかからず到着です。

しかも、けっこう高いところを列車が走るので見晴らしは抜群でどこに何があるか見渡せるのでパークの場所感覚がわかりやすくなります。(どこに何があるのかわかってないと無駄に歩くことになっちゃうので、、)

「ニモのアトラクションがあるエリアに行きたいとき」
「逆にタワーオブテラーがあるアトラクションに行きたいとき」

このアトラクションを使って体力回復しましょう ♪

シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ(体力回復)

このアトラクションは移動手段ではなく、休憩にうってつけのアトラクションです。

このアトラクションの場所はアラビアンコーストにあります。(ジーニーのアトラクションがあるエリア)

アトラクション内容は簡単にいうとボートに乗ってシンドバッドの冒険のストーリーを見て行こう!ってな感じです。笑

このアトラクションには休憩するには非常に優秀なアトラクションです。

というのも

「室内にある」
「暗くて静か」
「すいている」

といった休憩するのに重要な要素がすべて詰まったアトラクションだからなんです。

室内にあるから、夏は涼しいし冬は暖かい。
暗くて静かだからリラックスできる。
すいているから休憩するために並ばなくていい。

こういったアトラクションなのでぜひ、休憩に使ってみてください ♪

ちなみに「ディズニーランド」で
休憩できるアトラクションは

こちらの記事で紹介しています。

まとめ

ディズニーシーで疲れを回復させるアトラクションは

・トランジットスチーマーライン
・エレクトリックレールウェイ
・シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ

ということでした。

ディズニーシーを最大限にたのしむには。いかに体力を温存、回復できるかが重要です。今回、紹介したアトラクションをうまく活用して、素敵なディズニーの時間を過ごしましょう ♪

それでは、また!

kazu dee doo dah day!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。